FXの税金を安く抑える方法

yosdfsp FXにおいてせっかく苦労して稼いだ金額に無駄に税金がかかるのはもったいないと思いますよね。そんなかたに税金を安く抑える方法があるのでいくつか紹介したいと思います。

FXの所得においては雑所得を得るために必要だった必要経費が認められています。確定申告時に申請するとFXで得た利益からその必要経費を差し引いた金額に対して税金がかかるようになるので少しでも税金を減らすことができます。

具体的に必要経費に計上できるのはどういったものでしょうか?例を挙げてみましょう。

・通信費

FXはインターネットを利用しての取引が主となっています。他に関連する会社に郵便を送ったり、会社に電話した場合の料金、インターネット料金などが通信費にあたります。

・書籍代、新聞代、関連雑誌代等

FXに関係している一般書籍や為替などの載っている新聞など取引に有効な情報が載っている雑誌などが該当します。

・筆記用具などの消耗品

シャーペンやボールペン、ノートなどの筆記用具、必要な情報をプリントアウトするためのコピー用紙やプリンター内のインクなど100,000円未満の物品の取得費を必要経費とすることができます。

・交通費

FXに関するイベントやセミナーに行ったりとバス代、タクシー代等の交通費がかかった場合それは交通費とみなして必要経費となります。

これは領収書がないバスや電車の場合は仕方ないのですが通常は領収書が必要になるのでもらうことができる場合は小さな金額の場合であってもコツコツとっておくと積もり積もって大金となるので大切なこととなります。

またFXの税金は税務署それぞれで解釈が変わる場合があり、こっちの税務署では課税したのにそっちの税務署では違いう判断になることもあるので各税務署ごとに確認が必要となります。必要経費として扱ってもらえるか事前確認が必要となります。

夫婦で別々の口座を作る方法

FXの利益に対して税金を払う義務が発生するのはFXの利益を含めた雑所得がサラリーマンなら20万円で給与所得のない専業主婦であるなら38万円をこえたばあいに課金されることとなっています。税金について、アイフォレックスのサポートに問い合わせをしたことがありますが、少々時間はかかったものの、大変満足の出来る対応を受けました。この業者は、テクニカル分析ツールも充実しており、アイフォレックスでも見逃すことなく取引ができます。

例を挙げるならばサラリーマンがFXをして35万円の利益をあげた場合雑所得が15万円分超えてしまうので税金を払う義務が発生します。

もし夫婦で別々の口座を作っていたら2つの口座を利用して取引をすれば利益を上手に分けることが出来ます。例えば夫の口座で取引し15万円の利益、妻の口座で20万円の利益をあげれば同じ35万円でもそれぞれの金額は税金がかかる金額に達しないので他の雑所得があり金額が達する場合を除いて非課税のままになります。

こういった方法を駆使してそれぞれ別々の口座で取引をすればうまく利益を分けることが出来、節税できることでしょう。使わない手はありません。税金についてのFXやバイナリーオプションの取引ブログも沢山ありますので、他の人がどのように対処しているのか読んでみるのも面白いですね。

二つのコツ

簡単に副収入を得られると話題になっているFXですが、これで安定した収入を得るためには二つのコツがあります。

まず第一に、なんとなく漠然とした理由で取引を行わないことが重要です。確固たる取引ポジションにつかずその場の流れだけで外貨を取引するのではなく、どっしり腰を据えて自分のやり方を徹底することがFXで勝ち続けるコツのひとつです。

また、FXの舞台となる為替市場の動向を把握することが二つ目のコツとなります。動向が分かれば今後の為替相場の変動もわかり、取引を有利に進めることができるためです。

fsd89