IFO注文はIFDOやIFD‐OCOやイフダンOCO注文とも呼ばれる

yo3sdfs 読みはアイ・エフ・オー注文と読みます。最初は自動売買方法のIFDとIFOを組み合わせて作られた海外FXの両建てですので、取り扱う会社によっては、IFO注文、IFDO注文やIFD-OCO注文、イフダンOCO注文などと色々と呼び方があります。(MT4でOCOオーダーを実現するMT4の業者がこの先出現するかもしれないという話を聞いています。)IFO注文はどういったものかというとすべて自動的に新規注文から決済までを行う注文方法です。

IFO注文の良いところはレートを指定して正確に取引できるということだけではなく予期していない方向に動いた場合でも受けてしまう損失を最小限に抑えることができリスクを最小限にとどめながら利益を得ることを臨むことができるところです。単純な例を挙げると1ドルを100円で買って、1ドルが105円になったら売ると5円の利益となります。

IFO注文を使った例では新規注文の際100円に指定します。決済注文を105円に指定します。これを指値。95円を逆指値とするということです。IFO注文の取引画面として外為オンラインの取引画面を表示します。2パターンの決済を指定しておくことで自動的にそこまでレートが動くと決済するようにしておきます。

上記の例では100円から105円にレートが変わったら5円の利益確定、100円から95円に変わったら5円の損失で抑えられるということです。これを利用すればずっとレートを気にし続けなくても自分の損失が大きく増えることはなくなります。もちろん利益も大きくなることはないですが、、

またいつもというわけではありませんがキャンペーンをやっている場合もあり1回以上の取引で5000円や10000円をもれなくもらえるという嬉しいことも簡単にこなせるようになります。初心者の方にも利用してもらうためにあるので使わない手はありません。使わないともったいないでしょう。

これを利用しての利点を挙げると自動で指定した値で決済するので画面をずっと見続ける必要もなく自分の時間を自由に作れるという点、指値を指定することによってしっかり利益を確定することができる点、逆指値で、もし思惑と反対にレートが動いても最小限度の損失に抑えることができます。

二つのコツ

簡単に副収入を得られると話題になっているFXですが、これで安定した収入を得るためには二つのコツがあります。

まず第一に、なんとなく漠然とした理由で取引を行わないことが重要です。確固たる取引ポジションにつかずその場の流れだけで外貨を取引するのではなく、どっしり腰を据えて自分のやり方を徹底することがFXで勝ち続けるコツのひとつです。

また、FXの舞台となる為替市場の動向を把握することが二つ目のコツとなります。動向が分かれば今後の為替相場の変動もわかり、取引を有利に進めることができるためです。

fsd89