バイナリーオプションといろいろな相場

 バイナリーオプションは、主に通貨を銘柄にし、その相場レートの変動を予測することで利益を求めていく投資取引になります。
特に通貨が銘柄になっている場合は、外国為替市場の為替相場のレートの変化を読み解いていく事になるのですが、この為替レートは世界経済の状況や相場の取引きの様子などにより、様々な表情を見せることが知られています。

良く知られているバイナリーオプションのルールは、「今1ドル110円の為替レートが、2時間後に1ドル120円よりも高くなっているか、低くなっているか」という事を予測していくものになりますが、この他にも取引ルールは様々に存在し、為替相場の状況によっては、この取引ルールを使い分けることによって、より利益を掴みやすくするように戦略を練ることも可能なのです。

例えば、投資家たちが次の為替相場の方向性の読み合いをしているときは、レートの変動が一定の上値と下値の間を緩やかに移動する、レンジ相場という形になる傾向があります。
こうした相場では、ほとんど値動きが見られなくなるため、FX取引などでは、利益が少なくなる上に、変動も不安定で読みにくいことから、相場に慣れた投資家でも敬遠することがあるという取引きのしにくい相場とされています。

しかし、バイナリーオプションの取引きルールの中では、こうした相場でも利益が上げられる、もしくは、こうした相場だからこそ利益が上げやすくなるというものが存在します。

これはノータッチオプションと呼ばれるルールや、レンジインオプションと呼ばれるルールになり、ノータッチオプションの予測成功となる条件は「定められている価格に為替レートが触れないこと」であり、レンジインオプションの場合には「定められている上値と下値の幅から為替レートが出ないこと」であるために、こうした為替レートの動きがほとんど見られないレンジ相場では、非常に有利に展開できる取引ルールなのです。

ノータッチオプションと対になる形であるワンタッチオプションでは、逆に「定められている価格に為替レートが触れること」が条件になっているために、こちらは相場のレートの動きは読めないけれどもその動きがはげしい場合、例えば乱高下する乱れた相場などで取引きを行う場合には、まさにうってつけの取引きルールと言えるでしょう。

こうした取引ルールの活用もしていく事で、バイナリーオプションはもっと戦略的に投資が行えるものになっていきます。
また、取引業者の取り扱いによっては、投資をした後でも注文を取り消しし、いくらかの投資資金を払い戻ししてくれる権利放棄という設定などを用意しているところもあります。

これらを用いれば、損失を小さく抑えることができ、さらに戦略性を強めて利益率を上げることができるようになりますので、もし、バイナリーオプションをこれから始めるのであれば、こうした設定があるかどうかについても確認をしてみることをお勧めします。

二つのコツ

簡単に副収入を得られると話題になっているFXですが、これで安定した収入を得るためには二つのコツがあります。

まず第一に、なんとなく漠然とした理由で取引を行わないことが重要です。確固たる取引ポジションにつかずその場の流れだけで外貨を取引するのではなく、どっしり腰を据えて自分のやり方を徹底することがFXで勝ち続けるコツのひとつです。

また、FXの舞台となる為替市場の動向を把握することが二つ目のコツとなります。動向が分かれば今後の為替相場の変動もわかり、取引を有利に進めることができるためです。

fsd89