金利差から発生するワップポイント

 通貨には様々な種類があり金利の高い通貨もあれば、低い通貨もあります。例えば金利の低い通貨で金利の高い通貨を購入するというような通貨ペアで取引すると、そこに金利差が生じます。これがスワップポイントという金利差による利子なのです。ちなみに日本円は超低金利の通貨なので、円との組み合わせならば大抵の場合日々スワップポイントが発生します。

例をあげてスワップポイントの利率について考えてみましょう。金利が1%の通貨と5%の通貨のペアがあるとします。金利差は4%です。金利1%の通貨で金利5%の通貨100万円分買うとすると、4%分に当たる4万円が利子として得られることになります。スワップポイントは日々発生するものですから、約4万円の利子が日割りで計算され加算されていく計算になります。

FXは投資した金額に対してレバレッジをかけ、元の資金よりも大きな金額を動かして取引ができます。ですから金利の利率もレバレッジのかけ方で更にアップさせることもできるというわけです。もとろん為替相場の動き方には注意しなくてはなりませんので、強制ロスカットとならないような倍率に抑えて取引するよう心がけることは大切です。

これに似た金融商品に銀行に預ける外貨預金がありますが、FXにおけるスワップポイント狙いの取引は外貨預金よりも有利な点が多いのも特徴です。取引は自己管理しなければなりませんが、金利差の大きい通貨ペアのポジションを長期保有することで日々目に見える形で金利差が得られることを考えると外貨預金よりもメリットのある投資と考えられるのではないでしょうか。

スワップポイントを支払わなければいけないケース

上記の例では、金利の低い通貨で金利の高い通貨を購入することで、スワップポイントが得られるということでした。しかし逆のパターンになってしまうとスワップポイントを払わなくてはならない状況に転じます。金利の高い通貨で金利の低い通貨を買う、もしくは金利の高い通貨を売却し、金利の低い通貨の買いポジションとした時などです。金利の低い日本円と、高いオーストラリアドルの通貨ペアを例にあげてみます。この場合売りポジションを持つと毎日金利の差分にあたるスワップポイントを支払わなくてはなりません現在日本の円は超がつくほどの低金利です。小数点以下の数字の利率です。ですから対円で売りポジションをとると必ずと言っていいほどマイナスのスワップポイントとなります。円の他にもドルやユーロも低金利と言える通貨ですが、オーストラリアドルのような高い金利の通貨とのペアの場合、マイナススワップに注意する必要があります。

その他にスワップポイントに関する注意点として、通貨ペアを組んでいるどちらかの国の金利が変わった時、などがあります。スワップポイント狙いの場合、たいてい長期保有しているはずですのでその間に金利政策などが変わることもあるでしょう。金利が変わり決済の判断をしなければならないこともありますので、長期保有中もそれぞれの通貨に関して金利政策の情報などは把握しておきましょう。

二つのコツ

簡単に副収入を得られると話題になっているFXですが、これで安定した収入を得るためには二つのコツがあります。

まず第一に、なんとなく漠然とした理由で取引を行わないことが重要です。確固たる取引ポジションにつかずその場の流れだけで外貨を取引するのではなく、どっしり腰を据えて自分のやり方を徹底することがFXで勝ち続けるコツのひとつです。

また、FXの舞台となる為替市場の動向を把握することが二つ目のコツとなります。動向が分かれば今後の為替相場の変動もわかり、取引を有利に進めることができるためです。

fsd89