FX取引!テクニカル分析における基本

yosdfss FXの経験が浅い方にお聞きしますが、みなさんはテクニカル分析を施したfxの意味をご存知ですか? FXはファンダメンタル分析とテクニカル分析の2つのパターンとしての分析方法が基礎となっています。ファンダメンタル分析は経験の浅い方には極めてに困難なので、今日はテクニカル分析を最初からご紹介していきます。

テクニカル分析をする場合に必要不可欠なのは皆様がどのようなトレードスタイルを行うのかはっきりと決定する事です。もしスキャルピング(超短期トレード)を行う際に長期のテクニカル分析を行っても無意味だと思いませんか?短期なら短期、長期なら長期の分析を施さなくてはテクニカル分析の真意がなくなってしまいます。

一般的に短期になるにつれて細かい分析が必要不可欠になります。スイングトレード(長期トレード)を行うなら上昇しているか下降しているかを確認するだけでもまだ正直十分です。

しかし損切り幅を細かく設定する必要が無いスキャルピングや デイトレードは損切りラインからエントリーラインまで明確に決断しなくてはいけません。

初心者の方は損切りラインはトレンドラインを突き出たあたり、 エントリーラインはトレンドラインでサポートされた位置にするやり方が一番ベストな方法だと思います。テクニカル分析の基礎となるトレンドラインの作成方法をご紹介します。

トレンドラインは基本、高値と高値、安値と安値を確認して作ります。トレンドラインの角度が急激になれば成程トレンドに力があるという事を意味し、それを抜けた時、トレンドが反対に進行する可能性が非常に高くなります。

少しなら大丈夫とトレンドラインを見ず、大きな損切りをせざるを得なくなった人も多く存在します。

つまりトレンドラインはテクニカル分析の軸となる部分ですが、これを的確に作れないとFXで勝負をしていくのは難しいと思います。

テクニカル分析はトレンドラインでスタートし、トレンドラインでゴールすると私は考えております。是非ともテクニカル分析を行う時にはトレンドラインを作ってください。テクニカル分析について学んだ後は、FX初心者の自動売買について勉強することをお勧めします。

二つのコツ

簡単に副収入を得られると話題になっているFXですが、これで安定した収入を得るためには二つのコツがあります。

まず第一に、なんとなく漠然とした理由で取引を行わないことが重要です。確固たる取引ポジションにつかずその場の流れだけで外貨を取引するのではなく、どっしり腰を据えて自分のやり方を徹底することがFXで勝ち続けるコツのひとつです。

また、FXの舞台となる為替市場の動向を把握することが二つ目のコツとなります。動向が分かれば今後の為替相場の変動もわかり、取引を有利に進めることができるためです。

fsd89